原因 しみ

近頃噂の原因・しみのことを紹介しています。原因・しみが気になっている人へ、初歩的な内容をお届けしているウェブサイトです。

TOP PAGE

肌のくすみやしみの原因

原因 しみ

若いころはみずみずしかった肌も、年をとるとくすみやしみが目立つようになります。
くすみやすみがお肌にできるのは、一体どうしてなのでしょうか。
お肌の色が灰色みを帯びる状態がくすみです。
くすみには、部分的なものと、広く肌全体の色が変わるものとがあります。
古い皮膚がいつまでも肌に残っていたり、代謝が衰えたりといった原因で、肌はくすみやすくなります。
血の巡りのいい肌とは、明度が高く、ピンク味ががった色合いになります。
血流が悪化し、酸素が十分に血液に溶け込んでいないと黄色みがまし、肌がくすんで見えます。
とはいえ、くすみへの影響度が高いのは紫外線です。
長時間紫外線を浴びた肌は、メラノサイトという色素細胞が増加することによって、メラニン色素ができます。
メラニン色素がつくられることで、紫外線の肌への影響を緩和しようというものです。
大抵はメラニン色素は1、2ヶ月で消滅します。
お肌の新陳代謝が滞ると、メラニン色素がそこに沈着してしみの状態になってしまいます。
体内で女性ホルモンがどれだけ活発に動いているかも、しみのでき方に関わっています。
そのため、女性は生理になる2週間が、最もシミができやすい要注意期間となります。
くすみやしみがどうしてできるかは、明らかにされています。
どこに主原因があるかを特定てれぎは、何をすればしみやくすみのない肌になれるかがわかりますので、まずはそこを抑えましょう。

くすみとしみの基本的なケア

原因 しみ

年齢と共にしみやくすみがふえるのは、大抵の人の悩みどころといえます。
くすみやしみが目立たない肌をキープするためには、日頃からどんなスキンケアが効果があるのでしょう。
そもそもどうしてしみやくすみができるかといえば、紫外線の作用と、肌の水分不足です。
この2点がスキンケアでは大事になります。
美肌に効果があると言われるビタミン誘導体を肌に与えたり、水分不足の肌に潤いをプラスするために美容液パックや化粧水を使うことで、しみケアをすることができます。
日々のスキンケアをきちんと行うことで、徐々にしみが目立たなくなります。
一方、紫外線対策は夏以外の季節でも続けることが大事です。
UVカット効果がある化粧下地や、ファンデーションを活用するといいでしょう。
美肌のためには食事内容も重要です。
ビタミンCやAを多く含む食事をすることや、水分補給を怠らないことが重要な点といえます。
気づかないうちに、だんだんと肌の色がくすんでくるということがあります。
しみが少なくくすみだけが目立つ場合は、皮膚の水分不足という可能性があります。
お肌は紫外線のせいで乾燥することがあります。
紫外線予防と水分摂取の2点を重視してください。
年齢を重ねると、皮膚の新陳代謝が遅くなって古い角質層が皮膚にとどまり、透明度を失うことがあります。
そうなると、肌は徐々にくすんで見えるようになります。
ターンオーバーを促進するには、血流をよくすることです。
マッサージなどで刺激を与えることで毛細血管まで血液が通うようになり、血色を良くすることができるでしょう。
お肌のお手入れを毎日することで、しみやくすみの目立たない肌になりましょう。

顔のシミについて

顔にシミがあると、それだけで実年齢よりもずっと年をとって見えてしまいます。
女性なら誰でも気になる顔のシミですが、どうして出来てしまうのでしょうか。
顔のシミというのは、いろいろな原因が考えられます。
強い紫外線を長時間浴びた時や、年齢によって新陳代謝が低下した場合などに、顔のシミは徐々に目立つようになります。
皮膚の代謝が衰える理由になる、過労、煙草、不規則な睡眠習慣などでも影響があるといいます。
結果、ホルモンの分泌不足により顔のシミが出来る場合もあります。
肌の代謝が冷えの影響などで遅くなり、シミを体外に排出するペースが下がることもあります。
ニキビの痕跡や傷に色素が沈着したり、顔を洗う時に皮膚をこすりすぎたせいということもあります。
顔のシミというのは様々な原因によって起こりますが、特に紫外線による顔のシミは普段の生活から特に気をつけなくてはいけません。
紫外線に対する肌の対策をしっかりしておかなければ、年を取ってからシミが急に増えてくることもあるようです。
肌の乾燥が進むことも、紫外線による肌の影響として深刻です。
紫外線による顔の乾燥が続くと、肌のバリア機能が低下して、かゆみが出る場合もあります。
シミが顔に増える他にも、ほうれい線や目の回りのシワが一層深くなって、老けた印象が強くなってしまいます。

顔のシミの治療法

顔にどのようにしてシミができたかで、治療方法が異なります。
レーザーや光治療による治療と、塗り薬やケミカルピーリングなどがあります。
レーザーを用いるシミ治療とは、医療用のレーザーをシミに照射してメラニン色素を除去するものです。
シミのサイズ、濃さ、色味によってレーザーの照射時間や強さを変える必要があり、機器の性能にも左右されます。
光治療というのは、波長の異なった光を患部に当てる事でシミを薄く、または取ることができます。
光でのシミ治療は、5回〜10回ほど行く必要があります。
レーザー治療よりも低い出力でしか治療ができないためです。
レーザーや飲み薬と併用して、ぬり薬が出されることが多いといいます。
ハイドロキノンやトレチノインといった、シミに作用する軟膏を塗る事できれいに取る事ができます。
美容成分を点滴する治療方法もあります。
美白効果がある成分には、プラセンタなどがあります。
顔にぽつぽつと散らばるシミを目立たなくさせ、肌ダメージをいやしていきます。
肌の新陳代謝が滞り、古くなった皮膚がいつまでもも凝っていると老いて見えるので、ケミカルピーリングで取り除ます。
角質層に溜まった老廃物や、シミの原因であるメラニン色素を排出させやすい状態にしてくれるのです。
シミがてきてしまったら、なぜシミになったのか、自分の肌はどんな状態かを確認しながら、シミ対策に効果的な治療を行いましょう。

顔のシミと肝斑

ホルモンの分泌が原因となってできた顔のシミには、肝班と呼ばれる種類のものがあります。
顔の肝斑というのは、目の周辺や頬のあたり、おでこ、鼻の横などに左右対称にできる薄めのシミの事です。
シミの境界線が明確でないことが、一般的なシミと異なる部分といえるでしょう。
また、肝班はその日によって濃さが変わります。
これはホルモン分泌が関わっているためです。
肝斑という顔のシミは30歳以上の女性に多く、妊娠中や口径避妊薬などを使っている場合に出来るケースもあります。
顔にできシミを治療する手段としてレーザーがありますが、肝班の場合はレーザーを照射すると症状が余計悪くなってしまう可能性があります。
肝班ができた場合は、飲み薬による治療が一般的です。
トラネキサム酸という薬が用いられており、これはもともとは止血剤として使われていたものを錠剤にしたものです。
肝斑は紫外線が原因で出来るシミとは異なり、ホルモンバランスの崩れからくるもです。
ホルモンの分泌量が狂うとプラスミンという情報伝達物質の働きが活発になり、メラニンが過剰に生成されます。
肝班の治療にトラネキサム酸を使うのは、トラネキサム酸がメラニンの生成を少なくする効果があるからです。
顔のシミというのは、いろいろな原因によって治療の方法も異なってきます。
シミを治療するには、顔にシミができた理由を突き止め、その理由に合わせて治療方針を定めることが大事になります。

シワ解消には紫外線対策が重要

お肌の紫外線への対策が、シワ解消のポイントとなるものです。
シワのない、弾力のある皮膚にはコラーゲン線維がしっかりと張られており交わるように交差しています。
長時間紫外線にさらされているとコラーゲンの線維が切れたり分解されるため、シワやたるみが目立つようになります。
この作用は光老化というもので、窓ガラス越しでも曇った日でも、太陽光を浴びていると肌に紫外線が悪影響になります。
紫外線は表皮を通り越して真皮まで届き、その効果は時間をかけて少しずつ蓄積されます。
シワを解消するためには、お肌に紫外線があたらないようにしなければなりません。
日焼け止めクリームを使うのが、基本です。
夏の日差しの強い日でなくとも紫外線は肌に到達していますので、できれば通年を通して使うようにしましょう。
春先から徐々に紫外線は強くなりますし、冬は紫外線の量そのものが多くなります。
おすすめなのは、紫外線カット処理がされている日傘や帽子、サンバイザーなどです。
紫外線の影響で活性酸素が増加しないよう、抗酸化成分を配合したスキンケア商品を使ったりサプリメントを利用することもシワ解消に効果的です。
たくさんビタミンが入っている野菜や果物を食事で摂取し、きちんと紫外線を防止することがシワ解消にとっては重要なのです。

関連リンク&お役立ちリンク

Copyright (C) 2018 しみやくすみのない綺麗な肌の人のスキンケアの秘密 All Rights Reserved.

TOP
PAGE